アイクリームの選び方がわからない!

 

目のクマ

 

アイクリームは市販品、通販、店舗など、ありとあらゆるところで、気軽に購入できる目元ケアクリームです。

 

ただ、どのアイクリームがいいのか? 高いほうがいいのか? お肌にあるのか?
などいろいろ気になることがあると思います。

 

今回は、以下の5つのポイントに絞って、アイクリームの正しい選び方を解説し、最後におすすめランキングをご紹介いたします。

 

目元の悩みは何?

 

まずは、あなたは目の周りで何を悩んでいるのか?理解する必要があります。

 

※アイクリームは@目のたるみAクマB小じわ対策の3つがあります。

 

目のたるみ

 

  • 目元の皮膚がたるんで老け顔に見える
  • 実年齢よりも上に思われる

 

【選ぶポイント】
→保湿成分を重視したクリームがおすすめ

 

 

目の下のクマ

 

疲れて病人に見える(茶クマ・青クマ・黒クマ)など

 

【選ぶポイント】
→血行促進してくれるクリームがおすすめ

 

 

目の周りのコジワ

 

「ずいぶん、老けちゃったね・・・」と言われるほど、小じわは老け顔も元です。

 

【選ぶポイント】
→「レチノール(※ビタミンA)」というシワ・たるみなどを配合したクリームがおすすめ

 

 

 

使用感(※お肌にあう?)

 

「買ってみたけれど、お肌に合わなかった・・・・」

 

化粧品がお肌に合わないことはよくある話です。

 

そのため、

 

合成香料不使用、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー・・・

 

余計な添加物がないクリームをお勧めします。
また、”返金保証つき”のアイクリームでしたら、お肌に合わなくても安心して試せます。

 

 

継続性は?

 

「このアイクリームめっちゃいい!」

 

と思っても、短期間でなく、継続できるクリームでないと意味がありません。

 

そのため、安い&定期購入で割引になるアイクリームをおすすめします

 

※3000円以内を目安にご紹介します。

 

 

アイクリームおすすめランキング!

 

 

アビエタディープモイストクリーム

 

 

 

  • 返金保証:60日以内
  • 内容量:25g(※1か月分)
  • 定期:4,968円
  • 初回限定:3,780円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のたるみやクマが原因で見た目年齢がが気になる人
  • 全額返金保証が長期のほうがいい人
  • 定期コースの縛りがないほうがいい人
  • 無添加がいい人

 

 

アビエタディープモイストクリームはアルコールはアルコール、石油系界面活性剤、合成色素、合成香料、鉱物油は不使用の無添加のアイリームです。

 

また、全額返金保証期間が60日&停止縛りがないため、気軽に申し込みができます。

 

 

デメリットは?

 

やや料金がお高め。

 

 

【公式サイト】
→http://www.aqua-egf.com

 

 

アイキララ

 

アイキララ

 

  • 返金保証:25日以内
  • 内容量:10g(※1か月分)
  • 定期:2,682円
  • 単品:2,980円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のクマが気になる人
  • 全額返金保証ありがいい人
  • 定期コースの縛りがないほうがいい人
  • 肌の弱い人

 

アイキララは着色料、保存料、防腐剤フリーで、天然のやさしい成分を使っています。

 

また、使ってみて肌に合わない場合、全額返金保証もあるため、安心です。

 

 

デメリットは?

 

ゆうパケットでポストへ投函してくれますが、181円の送料がかかります。

 

また、アイキララにはレチノールは配合されていません

 

 

【公式サイト】
→https://www.eyekirara.com/

 

目元とまつ毛のご褒美

 



 

 

  • 返金保証:あり(※到着から15日以内)
  • 内容量:10g(※1か月分)
  • 初回限定:980円
  • 定期:3,700円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目元のシワやくすみ、クマが気になる人
  • 定期コースの縛りがないほうがいい人

 

目元とまつ毛のご褒美は2017/4/1発売!の新商品です。

 

そのおかげ?なのか、定期購入初回限定価格980円※500名様限定とめっちゃお得に購入できます。

 

※もちろん返金保証あり

 

 

【公式サイト】
>>目元とまつ毛のWケア美容液「目元とまつ毛のご褒美」

 

ポーラ B.A ザ アイクリーム

 

BAザアイクリーム

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:18g(※1か月分)
  • 1本:21600円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のクマが気になる人
  • 大手有名ブランドのクリームがいい人
  • 美容への関心が高い人

 

ポーラ B.A ザ アイクリーム1本21600円!
と超高級のアイクリームです。

 

独自の保湿成分「月桃葉BAリキッド」「アケビ茎エキス」を配合した
濃密なクリームで、ゆるくなった目元を引き締めてくれます。

 

デメリットは?

 

値段が高く、返金保証がない点です。

 

【公式サイト】
→http://net.pola.co.jp

 

 

ビーグレン トータルリペアアイセラム

 

目元ケア

 

  • 返金保証:365日以内
  • 内容量:15g(※1週間トライアル)
  • トライアル:1,800円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のしわ・たるみに不満がある人
  • 全額返金保証ありがいい人
  • トライアルで試してみたい人
  • 保湿力を重視している人

 

 

ビーグレンは365日の全額返金保証を打ち出すほど、自社の商品に自信があるメーカーです。

 

アイクリームを使って初めて実感できた!という口コミもあるほど人気があります。

 

デメリットは?

 

トライアルは安いですが、本品のセットは約12000円するため、やや高額です。

 

 

 

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓
目元ケア

 

 

アテニア アイ エクストラ セラム

 



 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:14日間セット

    アイエクストラセラム15g
    エイジングケアラインドレスリフト 14日セット
    目元のツボシート

  • 初回:3,291円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目のくぼみ・小じわ・たるみが気になる人
  • トライアルで試してみたい人
  • そこそこのリーズナブルをクリームがいい人
  • 乾燥が気になる人

 

 

デメリットは?

 

全額返金保証がありません

 

 

【公式】
>>アイ エクストラ セラムはこちら

 

 

 

MUNOAGE リペアアイクリーム

 



 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:10日間お試し
  • 初回お試し:1620円

 

【こんな人におすすめ】

 

  • 目の周りの皮膚が薄く・乾燥が気になる人
  • トライアルで試してみたい人
  • 無添加のアイクリームがいい人

 

MUNOAGE リペアアイクリームは”シワ治療の認定指導医”との共同開発した目元用のクリームです。

 

また、通常価格は2160円なので、アイクリームの中ではお手軽といえます。

 

デメリットは?

 

全額返金保証がありません

 

 

【公式】>>MUNOAGEスターターキットはこちら!

 

 

目の下のお悩み

 

 

黒クマ

 

 

目の下に茶グマができる原因とは?

 

鏡を見たら目の下に茶グマができていて悩んでいる方も多いのではないでしょうか。目の下の皮膚は薄いため、茶グマが出来てしまいますと目立ちます。目の下に茶グマができてしまう原因としては、色素沈着が関係しています。目の周りの薄い皮膚にメラニン色素が沈着しているため茶グマになってしまいます。化粧をする際になどに手で擦ってしまいますと、それが刺激になりメラニン色素を作りだしてしまう原因になります。また、歳を重ねますと肌のターンオーバー昨日が低下してしまいますので肌のくすみの原因となります。目の下の茶グマを改善するためには、なるべく目の下に刺激を与えないようにする必要があります。美容液や乳液などでしっかりと保湿を行い、しっかりと皮膚を保護して乾燥から守ることが大切になります。次に、肌のターンオーバー効果を促すことによって肌のくすみを解消します。紫外線はメラニン色素を作りだし、茶グマの原因のもなりますのでUV対策をしっかり行い紫外線から肌を守りましょう。ビタミンC誘導体が含まれて化粧水を利用して肌の働きを活性化させ、新陳代謝を活発にさせることによって肌のターンオーバー効果を促します。茶グマは目立ちますので、早めに改善しましょう。

 

 

黒クマが目の下にできる原因は?

 

「黒クマ」とは顔の構造上影のようにして見える目の下のクマのことです。黒クマができると、老けたような印象や暗い印象を周囲の人に与えてしまいます。
黒クマのできる原因として挙げられるのは、下まぶたのたるみによるものです。加齢によりコラーゲンが減少し、たるみやしわが目元にできることにより、それが影となりクマのように見えます。また、加齢によって下まぶたの皮膚が薄くなることで、目の下の眼窩脂肪を支えている筋肉がゆるみ、へこみができてしまいます。たるみやしわは年齢を重ねるごとにできるものなので、若い人にはほとんど見られないクマの種類です。
黒クマには、上記に挙げたように、たるみによるものと筋肉ゆるみによってへこみができるものなどがあり、原因によって解消法が異なります。自分がどのタイプの黒クマかを把握したうえで、対処することが重要です。異なる方法で解消法を実践すると、逆にクマを悪化させる原因に繋がります。
皮膚のたるみによるクマは、コラーゲンやヒアルロンサンが配合されているクリームを使用したり、老廃物を流す目元マッサージが有効です。筋肉のゆるみによるクマは、目の筋肉を鍛える眼輪筋トレーニングが有効です。気長に解消法を続けることで効果が期待できます。

 

 

青クマが目の下にできる理由とは?

 

若くても睡眠不足になると出てきてしまうのが、目の下のクマです。

 

様々な種類のクマがありますが、目の下が青く見えてしまう青クマは誰にでもできるタイプのクマになります。

 

青く見えるだけではなく、疲れていると濃くなったり青黒くなってしまうこともあり比較的わかりやすいタイプです。

 

できる理由は、目の周りの血行不良が原因です。

 

睡眠不足によって血行が悪くなってしまうことで引き起こされることが多く、改善するためにはきちんと睡眠をとり、血行をよくする食事などをすることが基本となります。食事は体を温めて血の巡りの良くなる生姜などの食材を取り入れるのもオススメです。
また、マッサージをすることなども有効となります。

 

顔のマッサージの他、首や肩周りの血行を良くしたり、軽いストレッチなどをすることで血の巡りを良くすることでより効果的な改善をすることができます。

 

目の周りの皮膚は薄いため、そのままマッサージすると皮膚に負担がかかります。そのため、マッサージを行うときにはクリームやオイルなどを利用することが大切です。ツボ押しなども良いとされています。

 

手軽な血行を良くする方法としては、ホットタオルを使って目の周りを温めるのも簡単です。

 

 

目の周りのたるみの原因とは?

 

目の周りのたるみには、目の上のたるみと目の下のたるみがあります。どちらも見た目の年齢を上げてしまうので避けたいところですが、その原因は何にあるのでしょうか。まず、目の上のたるみは、加齢に伴ってまぶたが下がってくることが原因となるのが多いです。まぶたの皮膚が伸びたり、筋肉が衰えて、その結果まぶたが目に垂れ下がってしまうこともあります。そうなると、見た目に暗く老けた印象を与える上、視界も狭くなり日常生活にも不便をきたします。まぶたの下垂を防ぐには、目元の乾燥を防ぐこと、表情豊かにして筋肉の衰えを防止することが効果的です。次に、目の下のたるみは、加齢に伴って目の周りの筋肉が退化し、今まで筋肉で支えていた脂肪が支えられなくなった結果下垂することが原因であり、特に目が大きい人で起こりやすいです。加えて、皮膚の乾燥もその減少に拍車をかけてしまいます。また、顔の血液やリンパの流れが滞っているのもその原因となります。対策方法としては、まぶたのたるみと同様に、目の周りの皮膚の乾燥を防ぐためしっかり保湿すること、顔の筋肉をしっかり使うために表情豊かでいることを心がけたり、顔のエクササイズに取り組むことがあげられます。

 

 

目の下に小じわができる原因は?

 

目の下は小じわができやすいと言われています。なぜしわができやすいのかということですが、この部分は顔の中でも特に皮膚が薄いという理由が挙げられます。目の下はかなり薄いので乾燥に弱いですし、ちょっと擦っただけでもしわになりやすい部分と言えるでしょう。また、この部分は皮脂腺が少ないことも特徴です。特に30歳を過ぎると皮脂の量が急激に減少してしまいますし、肌が乾燥しやすくなるということです。花粉症やアレルギーで目が痒くなると擦りたくなってしまうこともあるでしょう。しかし、目を擦ることは小じわの大きな原因の一つです。目がかゆくても擦るのではなく、冷やすなどの方法でケアした方が良いでしょう。また、目を使い過ぎている場合も注意が必要です。パソコンなどで普段から目を酷使している場合、目の周りの血行が悪くなってしまいますし、小じわの原因になってしまうということです。普段からアイメイクに力を入れている女性も多いでしょう。目元は顔の印象を左右する重要な部分です。しかし、メイクをした後はきちんと落とさないと肌への負担が大きくなってしまいます。また、メイクを落とす時に強く力を入れて擦ってしまうのも良くありません。

 

アイクリームのメリット・デメリットは?

目の周りの皮膚は他の部分に比べて非常に薄くてデリケートなので、
乾燥や紫外線、こすれなどのダメージを受けやすくなっています。

 

乾燥や加齢によって目元に皺が出るようになったり、クレンジングの際のこすりすぎやメイク残りによって黒ずんでクマになったりすると、一気に老けた印象を与えてしまうようになります。

 

目元はデリケートなので、目元用ではないクリームなどを使うと刺激になってしまう場合があります。

 

その点、目元用のアイクリームや美容液は目元の皮膚の特性をきちんと考えたうえで作られており刺激を感じにくくなっています。

 

乾燥や小皺、たるみやクマなど目元が気になりだした方はスキンケアアイテムのひとつにアイクリームを取り入れることをおすすめします。

 

アイクリームを使うメリットとしては、目元の気になる点をピンポイントでしっかりとケアできるということと、
日常的に使用すれば一番の天敵である乾燥を防いでこの先のエイジングダメージを予防できるということ、
さらにうまく使えばマッサージ効果もあります。

 

デメリットとしては、アイクリーム1個の価格がフェイスクリームに比べて高めなことと、効果をなかなか実感しづらいことです。

 

しかしエイジングケアは根気強く継続していくことが肝心です。乾燥や小皺などが気にならない美しい目元をアイクリームで守りましょう。

 

コスメについてのQ&A

 

化粧水の役割とは?

お肌の乾燥が気になる季節です。バッチリメイクをされている方もすっぴんの方も基礎化粧品でのお手入れは重要です。なかでも一番身近で毎日使う化粧水について考えてみましょう。

 

粧水は洗顔で肌の汚れを落としたあとに使用します。

 

洗顔後そのままだと水分が失われてカサカサしてしまいます。

 

失われた水分を補填すると言っても、水をつけただけでは肌には浸透せず逆に乾燥してしまいます。

 

そのために大事な役割が化粧水です。よく保湿と思われがちですが保湿は美容液にお任せします。あくまでも化粧水は肌の水分を補って調子を整えるのが目的です。

 

化粧水は水分を補うだけでなく、さっぱりとした清涼感を与えて肌を柔らかくしたり、みずみずしく整える働きがあります。

 

肌のPH値を弱酸性に保ち、外部からの刺激を防ぐ役割も担っています。またこの後に使う乳液をムラなく浸透させる効果もあります。

 

肌にはバリアゾーンというものがあって、水や余計なものが入らないように出来ています。手のひらにはそのバリアゾーンがないので長湯をするとふやけてきますね。

 

化粧水を手のひらにのせてから使用すると、バリアゾーンが無い手のひらの中にドンドン浸透してしまい折角の良い成分が減ってしまいます。充分な効果を得るために素早く付けるかコットンの使用をお勧めします。

 

 

 

目の疲れ!!よくある原因をご紹介!

 

目の疲れによくある原因には、長時間、パソコンやスマートフォンなどの画面を見続けることで起こる眼精疲労や、老眼や視力矯正器具が合わないことによる目の疲れなどがあります。

 

本来の目の役割は、水晶体というカメラのレンズのようなものにより、ピントを合わせてものを見ることにあります。近い距離を見たり、遠い距離を見たりするたびに、毛様体筋という筋肉が水晶体を動かし、ピントが調整されて見える様になります。

 

しかし、長時間、至近距離でパソコンやスマートフォンなどの画面を見続けると、毛様体筋は緊張状態が続くことになり、とても疲れます。

 

これが疲れ目につながります。現代社会では、パソコンやスマートフォンなどの画面を見ることは避けられないので、集中して見続けるのではなく、意識して時々遠くの景色を見るなど、毛様体筋を動かすように工夫する必要があります。

 

老眼や視力矯正器具が合わない場合も、ピントを合わせようとして毛様体筋の緊張が続くため目が疲れます。見えにくくなったと感じたら、自分の目にあった矯正器具を入手することが必要です。

 

また、緑内障や白内障などによる目の病気によって起こる目の疲れもあります。今までとは違う目の異常を感じたら、すぐに眼科に行くことが重要です。